不動産管理会社と審査|マンション管理会社で重要なこと|安定運営の極意

マンション管理会社で重要なこと|安定運営の極意

女の人

不動産管理会社と審査

男性女性

一括借り上げと審査

不動産投資でよく耳にすることの多い言葉にサブリース(一括借り上げ)が挙げられます。このサービスを利用することで不動産管理や賃貸契約や家賃収入などを不動産管理会社が代行して行ってくれる便利なサービスです。また入居者がいない間も収入を確保してくれる空室保証を受けられるところも少なくありません。ただし、それを利用しようと思ったとしても、誰もが利用できるわけではありません。サブリースしようとする不動産を不動産管理会社が審査させることが多いです。その審査を合格しない限りは、このサービスを利用することはできません。その審査内容には、倒壊などの危険性のない建物、一定の入居率を見込められる物件であるかが対象になると言われています。

なぜ入居率を審査するのか

そもそも、なぜサブリースを利用するにあたって一定の入居率の審査がされるのでしょうか。それはサブリースというシステムに大きく関わりがあります。サブリースでは、投資者に代わって入居者の募集や家賃徴収まで行ってくれます。その徴収した家賃から一定額を差し引いたものを投資者に利益配分し、差し引いたものが不動産管理会社のものとなるわけです。つまり、入居者が入ってくれることが前提で不動産管理会社はサブリースで利益を想定しています。でも、もしも入居率が悪そうな物件では、不動産管理会社は入居者がいないまま不動産管理の負担ばかりを強いることになります。それを防ぐためにも、不動産管理会社はサブリースの契約をする前に入居率の審査を行うわけです。