大家さんになろう|マンション管理会社で重要なこと|安定運営の極意

マンション管理会社で重要なこと|安定運営の極意

女の人

大家さんになろう

貯金箱

期間限定の賃貸サービス

自宅を長期間にわたって留守にすることが決まっているときに、賃貸として貸し出すことで家賃を得ることがリロケーションと呼ばれるサービスです。リロケーションは一般的に普通に自宅を賃貸に出すときとの違いがあり、リロケーションであれば契約している期間が満了したときに確実に住宅が戻ってきます。そのために期間が決まっている転勤や海外赴任が終了したときには、元通りに自分の家に帰ってこれます。リロケーションサービスを行うときに契約をしますが、その際に賃貸の期間をしっかりと記載しておくことで、賃借人は必ず退去してくれますので、住宅を空けている期間が決まっている人にとって家賃収入が入ってくる良いサービスとして知られています。

家賃保証の会社と契約する

リロケーションで収入を得るときに、最も懸念しておかなければならないことが空室になることです。空室のリスクを避けるためには、家賃保証を行ってくれるサブリースの会社と契約をする方法があります。サブリース業者と契約をすることで、住宅を借りてくれますので、確実な家賃収入を見込めるようになります。サブリースとは物件を賃貸して別の入居者に貸し出している業者のことで、入居者が入らなかったとしてもサブリース業者が家賃を支払ってくれます。契約している入居者が家賃を滞納したとしても、貸し出しの契約をしているところはサビリース業者ですので、住宅の所有者が損をすることが無くなります。入居の契約をしている人が決められている期間を過ぎても退去しないときには、サブリース業者が損害補償をしてくれるので安心です。